ダンボール箱は使い方によって家具にもなります

category01

ダンボール箱の表面に油性の塗料を吹きかけて24時間待つことで、強度が上がって見た目も美しくなります。

同じサイズの物を複数個用意すれば、収納として便利で簡易的な家具になるのです。

ダンボール箱情報探しのサポートをいたします。

ダンボール工作は水性ボンドやタイラップ、ダンボールカッターを用意すれば幅が広がります。市販の商品ではダンボールを利用したベッドや椅子もあり、大きさや厚みなどを考慮して組み上げることで、強度が上がるので耐荷重のある家具も作ることが可能になります。


ダンボール箱は古い物で衝撃が加わると強度が下がり、また水濡れをすると乾いた時にも曲がりやすくなったり折れやすくなってしまうのです。ダンボールで家具を作る時には、ダメージのないものを用意しておくのがいいでしょう。



表面には油性塗料だけではなく、クリア塗装をすることで強度を上げる方法もあります。


工作に便利なダンボールですが、本来の目的は運搬や一時的な収納に使われるケースが多くあるのです。



組み立て方によっては折り紙のような構造にして、接着剤やテープなどを使わずに強度を確保した物もあります。

このような自由度がダンボール箱の魅力であり、設計によってはワンタッチで組み立てて、ワンタッチで折りたたむことが出来る物もあるのです。


引っ越しなどの場合にはワンタッチで組み立てられれば、テープを貼る作業の分だけ時間を短縮できますし、エコロジーの観点からも環境に配慮したアイテムになります。


使い方とアイデアによって、様々な可能性があるのがダンボール箱になるのです。


ダンボール箱の実態

category02

ネットショッピングをすると、大小さまざまなサイズのダンボール箱が手元に届きます。軽くて丈夫な箱をそのまま捨ててしまわずに、便利なアイテムに変身させてしまうのもおすすめです。...

subpage

ダンボール箱の対策方法

category02

ダンボール箱は、中芯とライナーでできている中空構造のある紙製のシートで作られている箱です。紙でできているため軽いですが、強度が高いことから梱包資材としてよく使われています。...

subpage

ダンボール箱の関連情報

category03

ダンボール箱といえば誰でも目にすることが多い、割と身近にある資材で、ネット通販を利用する人だと簡単に手に入ったり、溜まり過ぎて逆に困ることがあります。紙でできているダンボール箱は水濡れに弱いものの、乾燥時には強度があるので見た目ほど弱くなく、特に荷運びや長距離の輸送に最適だといえます。...

subpage

ダンボール箱の専門知識

category04

荷物の整理には収納ボックスやカラーボックスなどが便利であり、防虫剤を入れておいて衣替えをする時には虫食いなどに注意することが大切です。また湿度の低い風通しの良い場所を選ぶことで、カビの発生を未然に防ぐ効果があります。...

subpage